ドリームシアターあるある

Twitter(@ame3141)で書いてることの延長みたいなかんじ

「Animals as Leaders」のドラムをちょっとだけ分析した。

 

 

Animals as Leaders(以下AAL)って言うのは、トシン・アバシっていうギタリストが中心になって活動してるインストバンドです。ギター二人にドラム一人っていう構成です。メタルやフュージョン、Djentといったジャンルの要素を含んだ楽曲が多いっぽいです。

 

このバンドの印象としては、「拍子感がよくわからなくなる」っていう大きな特徴が一つあげられると思うんです。これが好きなオタクもいれば偏屈な変拍子は嫌いなオタクもいると思うのですが、ともかく簡単な4拍子とかわかりやすい3拍子とか、AALではあんまりない気がします (これはDjentと言われるバンドに多く共通する特徴として挙げてもいいのかもしれませんがとりあえず割愛)。

 

さて、今回の記事の要旨を書くと、AALのドラムは、複雑なリズムパターンを用いることで《拍感を曖昧にさせる》役割を担っている。しかしその一方、"クリックのように"一定のリズムを刻むことで《拍感を安定させる》役割も担ってると思うんです。」

 

・・・ていう話です。うーんなんか分かりづらくなっちゃった。

 

んで、今日最終的に言いたいのは、「AALのドラムは全く違う役割を同時にしてる。すごい。そして何より、こんな役割をしっかりこなすドラマーMatt Garstka(マット・ガーストカ)がすごい。」ということ。これだけです。もうこれに尽きます。超大好きなドラマーです。

 

曲を例に挙げてちょっとだけ解説します。

 

今回参考にした曲はこれでやんす


MEINL DRUM FESTIVAL 2015 – Matt Garstka “Ka$cade” – Animals As Leaders

(Kascadeの2015年ドラムフェスティバルの時のライブ音源みたいです。他のパートは全部同期で流してて、ドラマーの動作と音がわかりやすかったのでこの動画にしました。リンク切れになってたら教えてくらさい。)

余談。この人のドラム大好きなので、ドラム譜面を1曲分作ろうと思ったけど、力不足で面倒くさくなったので諦めました。

 

 さて、冒頭の8秒だけを譜面に起こしてみました。割と意味わからんことやってます。

 

譜面を見てみましょう。

 

f:id:ma1928:20170511224513j:plain

 

なんか!!!面倒くさそう!!!!!!!めんどくさっ!

 

※「5連符」に関する訂正 

譜面中の赤字書き込みで「5連符」ってしてしまったけど、ここで「5連符」という捉え方をするのはたぶんあまり適切ではないです。通常の「○連符」は、拍打ちではないリズムを記載するために使われ、ここの場合はそれに該当しないからです。誤用で御用。・・・すいません。

 

※以下、読まなくてもいい拍子に関する補足

今回は10分の4拍子という拍子を選びましたが、曲全体を通して見ると適切ではないかもしれません(本来ならばこの曲は8分の4拍子で一貫してカウント可能。しかし10分の4拍子にすると、帳尻合わせのため6分の4拍子などを用いて変拍子にさせる必要があるため)。譜面に書く便宜上このようにしました。あと一応ここで終止感がなくもないので、今回は図の通り10分の4拍子の1小節で一区切り、ということにします。

 

 

一応この譜面を、解説すると、

 

【青】(①〜⑩のまとまり)

シンバル→拍頭を打ってる

バスドラム→シンバル1回につき4回

 

【赤】

スネア→バスドラム5回につき1回

 

 

こんな感じです。まあ細かいことはいいので、とにかく、図にしたら、「どうやら【赤】も【青】一定の規則で繰り返しはしてるけど食い違ってるらしい」ということはわかりました。

 

で、これ、音楽用語でポリメーターという状態なんだそうです。肝心のポリメーターに関する説明はすっ飛ばすけど、かの有名なポリリズムとだいたい同じようなことが起きてると言っていいとおもいます(た、たぶん。だいたい同じ!!多分!!OKOK!)

 

ポリリズムとは、ベースが2拍子だけどギターが3拍子やってるとか。そうあのポリリズムPerfumeポリリズムも、サビでポリリズムを用いたパターンが登場します。

 

 

▼余談

他の方の記事ですが、参考リンクに引用。音楽用語としての「ポリリズム」の説明もふまえながら、Perfumeのヒット曲「ポリリズム」について書かれた記事です。この曲の特異性を鮮やかに解説されています。興味ある方は是非。

note.mu

 

そして、このポリメーターやポリリズムは「なんかチグハグだけどたまに一致する瞬間もあって、よくわかんないけど面白いかも〜〜〜!?」みたいな効果を生み出すことができるんです。そしてさらに、拍子感を失わせて、「摑みどころのない印象を与える」という作用を引き起こさせるわけです。  

そう、そしてこれがAALのドラムの特徴の一つである拍感を曖昧にさせるという役割に当てはまると思うのです。

 

これはポリリズムの「摑みどころのなさ」効果が成功してる良い例なんじゃないでしょうか?、どうですかね。実際に音源聞いても、ここのドラムがすぐには何やってるかわかんないとおもいます。変拍子になれたドラマーさんや、ポリリズム多用してる音楽ジャンルの奏者さんなら分かるのかもしれないんだけど、少なくとも私はわかりませんでした。だから私も、視覚的な面でドラムが何やってるかわかる動画を選びました😃 ✌︎

 

 

 

さて、先に挙げたもう一方の特徴である拍感を安定させる》役割に関して述べたいとおもいます。

 

これは単純。動画の中で、彼はずっとバシン!バシン!とライドシンバルを鳴らし続けてるじゃないですか。これのことです。まるで、メトロノームのクリックのように作用しているんです。

 

実際、AALの楽曲は、いくらギター二人が変拍子や複雑な奇数拍子の組み合わせになっても、ドラムスのうちどこか(シンバルorスネアorバスドラ)は、ずっと単純なビートを刻み続けてることが非常に多いです。例を挙げるの面倒くさいんで 聴いてみてください。

さっきも書いたけど、要するにクリックが鳴ってるのと同じ状態なわけですね。複雑な拍子をぶっ込みまくってリズム的にカオスになってるバンドが、バンドとして縦を合わせるための唯一の目印になる。(AALの和声や旋律の特徴については今回述べないけど、でもユニゾンとか多いし、どんなに面倒くさいリズムでも縦が合わないと綺麗に聞こえないんだよね)。

 

ということで、以上が冒頭に述べた「AALのドラムは、複雑なリズムパターンを用いることで《拍感を曖昧にさせる》役割を担っている。しかしその一方、"クリックのように"一定のリズムを刻むことで《拍感を安定させる》役割も担ってると思う」という要旨の説明になります。

 

 

で、すごいのは、これを再現できるマットガーストカ本人の力量だと思うんです。

(あ・・・これが私がホントのホントに言いたかったことです。もうちょっとだけ頑張る・・・)

 

 

私はバンドの経緯とかあんまりよく知らないんですが、彼はどうやら途中から入ったドラマーなんですね。2012年以降かな。だから、楽曲自体にどこまでマットのドラム作曲センスが盛り込まれているのか、私はわかりません。そもそもギタリストのアバシが主導しているグループなわけで、楽曲も彼がギターで弾くフレーズを元に作っているんじゃないかなと思います。もう乱暴に言ってしまえば、AALのドラムは「変態ギタリストの作る難解なフレーズに合わせて作られた非常にめんどくせえドラムパターン」でしかないわけです。

そんな面倒臭ドラムを叩きながらも、バシン!バシン!と正確にシンバル鳴らし続けるって、結構すごいことだと思います。そう、マットガーストカのドラムはとても正確だと私は思います。私はね。

 

これらのことに気づいたのは直近の来日ライブ(2017年)を見たとき。とにかくドラムが力強くて正確で美しい。音質が均等に揃っていて、なおかつ力強くてよく響く。要旨で述べてたクリック的役割を果たすのにも最適だと思っています。ドラムを叩く動作が非常に無駄がなく美しかったことを覚えています。

 

正直音源だけ聞いてた時は「AALのドラムって打ち込みだっけ・・・?あれ?人間がやってるの?」って印象でした。

ぶっちゃけ、現状の音楽製作って、ある程度の環境下であれば、もう打ち込みなのか生ドラムなのかわからない次元にあると思います。打ち込み音源は”リアルなドラム”と聞き分けがつかないし、逆に人間が叩いた生ドラムの音源は、音楽編集ソフトで好きなように加工することも出来る。それに音価に均質さを求めるようなAALの音楽は無機質な”打ち込みチック”なドラムとも相性がいい。

でもライブ以降は「このバンドはこういうドラム叩けるドラマーが居るから成り立ってるんだ」とすら思いました。少なくともライブではそうだと思う。それくらい圧倒的存在感を放ってたと思います。彼はライブで真価を発揮するドラマーなんではないでしょうか。

 

本文からちと逸れた余談ですが、彼の叩くドラムは「歌心がある」とも感じています。これは推測の域を出ないのですが、AALの複雑なドラムは、頭でメロディを鳴らさないと到底叩けない&覚えられないドラムパターンだと思うんです。少なくとも彼がAALを叩く時は、頭の中でギターの旋律を歌ってるんじゃないかなあと。もしこの予想が当たっていれば、「歌心のあるないに関わらず旋律を歌わざるを得ない状況」とも言い換えられますが、ともかくそれが表現可能なのはやっぱり本人の技量に還元されるわけで、有能なドラマーであることに間違いないと思います。

 

 

 

今回の結論

・複雑なポリメーターを用いることで、リズム面からも浮遊感や摑みどころのない印象を与えている。

・一方、拍感を保つためのクリックのような役割を果たして、バンド演奏を支えている。

・以上2点を包括するリズムパターンは非常に複雑になるが、双方とも楽曲の中で効果を表している。これはドラマー個人の力量に依る面が大きいと考えられる。

 

これが私の、AALのドラムに対する印象です。

長ったらしいけど要するにマットガーストカは良いぞっていう記事でした。

 

「ここがわかりにくい〜」とか「ここは共感できる〜」とか、なんかあれば是非コメントください。

感想お待ちしておりやす〜。

 

 

スピリチュアル・ベガーズというストーナーバンドについて書きました。あとオルガンの話とか。

SpirituarBeggars

という70s〜80s前半をモロ意識したようなストーナーロックのバンドをコピーすることになりました。まだ聴いたことなくてストーナーとか70s80sとかいうワードが気になっちゃうそこの君は是非聴いてみてね。カーカスとかアチエネの活動で知られるアモット(兄)が中心になってやってるバンドです。


Spiritual Beggars - Monster Astronauts (live) - YouTube


Spiritual Beggars-Euphoria - YouTube

曲の随所からあらゆるバンドへのオマージュ(丸パクリ )が感じられるスピリチュアルベガーズ。

本家スピベガのキーボードは元オーペスのペル・ヴィベリ (Per Wiberg)です。

f:id:ma1928:20150918080225j:plain

 

 

opethのアルバムheritageに見るペル氏の姿

f:id:ma1928:20150918065305j:plain

f:id:ma1928:20150918074212j:plain

f:id:ma1928:20150918074612j:plain

f:id:ma1928:20150918074423j:plain

f:id:ma1928:20150918081101j:plain

f:id:ma1928:20150918065801j:plain

f:id:ma1928:20150918080225j:plain

似てる!!!(特に髭)

f:id:ma1928:20150918065801j:plain

!!!!

f:id:ma1928:20150918083611j:plain

!!!!!

f:id:ma1928:20150918065801j:plain 

!!!!!!!

まあなんでこんな姿で描かれているかというと、このアルバム前に脱退したからなんですね。

 

オルガンの話

私はキーボードなんですけどハモンドオルガンとか持ってないのでシンセサイザーでそれっぽい音を選んでお茶を濁すことになります。

動画からも分かる通りかっけえオルガンサウンドなので、コピーの際には少しでも雰囲気が近づけるようにしたいです。正直CD音源を聴いてるとあまりよく聴き取れない部分も多いのですが、ライブ音源だと結構オルガンが前に出て来てる印象があります。痛くない程度に鋭い音で鳴らしたい気持ちもあるけど、加減が難しそう。ただでさえキーボードは目立つので、むしろ気持ち抑えめで鳴らす位でも丁度いいかなと思ったりもしてます。

本家は生で聴いたらどんな感じなんでしょうか・・・?  

 

 

ペル・ヴィベリのセッティング

普段ほとんど機材とか見なかったんですけど

何気なくWikipediaを見ていたらずいぶん簡素な機材の欄があって

Equipment

Per Wiberg uses Nord & Mellotron keyboards, EBS & Blackstar amps, Fender & Gibson guitars and basses

Nord使いな上にメロトロン使いでした。#メロトロンにメロメロトロン

機材、別のサイトの方でも詳しく乗ってました。

Equipment: Nord Electro 2, Nord Wave, Korg Triton Extreme, Vox Wah, Boss DD3, 2 Laney VC 30

ライブ映像ちらっと見ても毎回ちがう機材使ってたりするのでよく分からないです。

このときはNord electroっぽいの使ってる!画面手前で光ってるのがドローバーを模したものだと思われます。奥にあるのがNord Waveかな...。最近のライブはこの二台を使ってることが多い気がします。

f:id:ma1928:20150918072059p:plain

 

付け焼き刃なんでアレなんですけど、ドローバーっていうのは、オルガンについてるレバーみたいなやつです。

f:id:ma1928:20150919070910j:plain

すげーざっくり言うと、ここのレバーを出し入れすることによって鳴る倍音が変わります。つまりオルガンの音色を変える大きな要因の一つになっています。

つい先日S師匠に教えて頂いて知ったのですがKRONOSSとかNordの一部にもドローバー機能ついてるのですね。いいなぁ

 

オルガンの音って結構重宝されてるんですが、シンセ使ってからしばらく経っても未だにオルガンの音作りめちゃめちゃ苦手です。特にハモンドオルガンらしさ出すにはどうすれば良いんでしょう。いつかデジタルハードシンセでも(良い意味での)鋭さ、荒さが出せるようになりたいです。むずかしいねー(;¬; ) 

Godspeed You ! Black Emperorの新譜の裏ジャケがあまりにも美しい

 

散々Twitterでも言及しているし、バカの一つ覚えを体現したようにこのバンドの話ばかりしています
(そのくせアルバム単位で聴いたのはまだ新譜だけなんだよな)。
 
轟音ポストロックをろくに聴いたことが無くて耳がまだ慣れていないジャンルだから、自分の中でこのバンドが衝撃的で、特別な存在になっているのだと思う。
 
それにしたっていいバンドと出会えた。音楽アプリRIZMには圧倒的感謝。 
 
f:id:ma1928:20150504051228j:plain
これは裏ジャケじゃないよ。
 
f:id:ma1928:20150504060639j:plain
こちらこそ、godspeed you ! Black emperorの皆さんが居てくれてありがとうという気持ちでいっぱいである!!!
 
よくこんな曲を作ったなぁ。アルバムの構成全体が計算されていて、時間の経過とともにじわじわと見える風景が変わっていく。例えて言うなら、深い海の底から少しずつ光が差し込む海面へ浮かんでいく感じ。
 
バンドは、確信犯的にこのCDの裏ジャケットをデザインしたのだと思う。バンドの音とジャケットのデザインが符合して居ると思う。
 
絶対に買えとは言わないから、soundcloudで新曲を聴いてみて欲しい。一曲だけで良いから。聴くなら是非「Emperor - Peasantry or 'Light! Inside of Light!」という曲を。それからCD屋で手にとって裏返してみて欲しい。
 
後で「お前が言ってたほど面白い絵面じゃなかった」って言われるかもしれない。でも、「バンドの音とジャケットのデザインが符合して居る」という点に納得してくれる人は居るんじゃないかと思います。
 
マジで余談だけど、日本のメロデス「GYZE」とよく見間違える。TwitterのTLで「おっgodspeed you!の話してる!」と思ったらGYZEだったみたいな。こちらも同じ頃に新譜出してたから尚更混乱してた。
 
 
Godspeed You!の曲を再構築してみたい。
これ読んでる楽器陣の方々、もし良かったらGYBE!一緒にやりましょう。気軽に声かけて下さいマジで。

忘れられない自画像の話


作家の祈りとか執念とか愛情とかって、筆に宿って作品に残って行くんじゃないかと思う。

二ヶ月前に訪れた展覧会の話をします。
東京藝術大学で開催されていた展覧会。
f:id:ma1928:20141203023854j:plain
劉錦堂 (1895-1937)

影が暗い。全体的に暗い。暗いのに温かさを感じた。眼差しが、深くて温かい。

制作年は1921年。生年月日から逆算するに27歳頃の絵だと思う。
劉錦堂という人物について、日本に美術を学びに来た台湾からの留学生であるということ、それ以外は何も知らなかったけれど、涙が溢れてきました。

作品目録を見る限りでは、おそらく自画像は年齢順に掲載されているんだと思う(彼の他に十数人の自画像が飾られていて、彼が一番年長者だった)。偶然なのかもしれないけど展覧会の一番最初の絵で心を掴まれてしまった。