音楽地獄

音楽に関係ありそうなことと、音楽に関係なさそうなことについて書く。

演奏畑の人間だけど朗読劇に参加します。

東京は暑いんだか寒いんだか分かんない気候が続いています。

こんにちは。

タイトルにある通り、このたび朗読で舞台に出演します。人生初の、朗読です…!なかなか見れない貴重な舞台かと(^o^)丿笑

いつもキーボーディストorピアニストとして参加させてもらっている劇団ダンステリア・アネックスさんの主催です。

今回4月頃からワークショップに参加し、そのプチ集大成として公演を行います。

今回読むのは、シェイクスピアの四大悲劇の一つ『オセロー』。

f:id:ma1928:20180521215027j:plain


もう明日じゃ〜〜!

ところで、今回ワークショップを通して気づいたのだけど、朗読や演技って、楽器の演奏にもかなり通じるところがあるのかもしれませんね。

例えば、自分で声を出しつつ、同時にそれを聴く事。前のセリフの人の出方をよく観察し、自分もそれを受けとって返す事…等々…。

ワークショップを受講しながら、「これって演奏でも同じだなぁ」と思う部分や、「地元の先生のピアノのレッスンを受けてる気分だ!」と思う瞬間が多々ありました。

そもそも声や言葉って音楽と不可分だと思ってるし、そう考えると共通する部分も結構あって当たり前なのかも。朗読を通して得たことが、今後、自分の演奏に生きてくる瞬間もきっと出てくるんじゃないかなと思います。

短い期間ではありましたが、役者の皆さんに混じって自分も声を出して実践して、色々なことを考えさせられました。

そして、今回は役者さんの視点を垣間見れて、すごくいい経験になったとも思います。台本を読みながら役作りをしていく過程や、練習への取り組み等、なかなか普段は見れない部分なので。

今後も劇伴(←舞台の音楽)に携わっていきたいとと思っていて、その上でも勉強になったのではないかと思います。

(真面目!)

ということで、明日、いよいよ大倉山にて公演!詳細は上に載せた画像フライヤー見てね。

白熱のセリフ劇をお楽しみください。お待ちしております。